支持の教育

教育は即時の仕事の義務から従業員を連れ去ることができる; 但し、株式会社はすぐに従業員の助力の価値が多くおよび専門にされた知識を得ることを実現している。 助力によって従業員は彼らのGEDsを、英語を話すことを学ぶ得るまたは外国語は、特定の技術を学ぶか、または修士号、会社を得るためにより多くの教育の利点の増加する意識を示している。

非公式のセミナー

単位か組織に導入してが比較的簡単の教育の1つの形態はセミナーである 月に会っている特定のトピックのあなたのスタッフの教育へ1つのスタッフを捧げることによって始めることができる。 例えば、アンジーは彼女のオンライン雑誌のスタッフが巧妙な網書の質を理解するのを助けたいと思う。 すべての彼女の従業員にジャーナリズムの背景があるが、1つに前のインターネットの経験がある。 アンジーは彼女のスタッフが網の点では考えるのを助力に集中するために規則的な木曜日のスタッフの会議を催すことにする。 毎木曜日、アンジーは特定の巧妙なオンライン出版物についての提示を与える。 彼女は与えるのに頭上式のモニターを動作し、また絶対フロップの例を与えるものがについての例を特定の場所で使用する。 彼女はまたによって考えるように頼むことある巧妙な主義が自身の場所にいかにについて組み込むことができるか彼女のスタッフをそれらに場所を評価し、従事させる。 時々アンジーは彼女のスタッフに話す分野における専門家である招待客のスピーカーを。 その結果、アンジーのスタッフはそれらに利用できる無数の選択の知識を詳しく述べたのでよのどんな演劇にインターネットでまた非常に仕事に興味を起こさせられるか非常にに気づき。

団体の教育プログラム

あるより大きい会社は今彼らの自身の教育局を収容する。 これらの社内プログラムは通常トピックにビジネスが会社でいかにに関して行われるか集中する。 例えば、アンジーの会社で方法にWindowsの共通の適用を使用する有効なインタビューを行なう、クラスは基本的なHTMLから方法まで及ぶかもしれない。 より広い取得のための機会分類すれば仕事場、で労働力より満足する。 従業員は仕事場で得た固体移動可能な技術を去ることを考えていなくても、指すことができる。
 

明白な英語: 移動可能な技術は雇用を他の所で得るために有利の1つの仕事場で学ばれる技術である。 例えば、HTMLはワールド・ワイド・ウェブの場所に内容を置くための最も一般的な言語である。 1つの会社に専有のHTMLの使用のような技術は移動可能な技術である。 

教育の返済

今日の仕事場の人気を得るもう一つのプログラムは教育の返済である 研究分野が仕事関連考えられれば従業員の高等教育の授業料の支払をする会社のセットアップ・プログラム。 多くの場合個人は返済のために資格があるためにある特定の等級ポイント平均をするように要求される。 大きい会社で働けば、あなたの会社が授業料返済の計画に加わるかどうか調べるあなたの人事部の点検。 より小さい設定で働いたら、多分部分的な返済プログラムを開始する考えを上げなさい。