Micromanagementに斑点を付け、抑制する

考えればmicromanagerであるかもしれないなる1つを避ける方法をまたはここにいるのために見るべきある糸口知り単にたいと思う:

  • 20の質問。  
    グループのメンバーにプロジェクトを割り当てる。 あなたの出口のあらゆる夕方ドア、その個人のキュービクルに立寄り、プロジェクトの進歩で彼を無慈悲に質問する。

  • 右の方法。  
    確信するのであなたのグループの個人がしている仕事で絶えず点検する仕事をやり損うことを。 何かをする正しい方法のあなたの従業員を啓発するために絶えず義務づけられて感じる。

  • 時計の監視。  
    昼休みをか時間を計ることを述べないため何時に各従業員が仕事および葉のために着くか把握する。

  • 私の方法。  
    会合の彼らの意見をまれにグループのメンバーに頼まない。 グループのメンバーがあなたの部門の新しいプロセスを担当した最後を覚えることができるか。

  • 世界の重量。  
    子供のグループの最高責任者としてだけであるように感じる。 これらの人々はだれおよびいかに逃れられなくなったそのような無能力からであるか。 彼らはなぜあなたのようにもっと考えないか。

 

先端: 本当に、micromanagersは細部にたくさんの注意を払う。 しかしそれはそれが間違っているまたはグループでされる仕事の細部に気づくリーダーのための悪い状態ことを意味しない。 しかしリーダーの第一次焦点は大きい映像から細部に移るとき、面倒である場合もある

Micromanagementを抑制すること


従って、確認されたmicromanagerである。 いかにあなたの微細管理の方法を変え、あなたの部門を同時に向きを変えるか。 微細管理するあなたの傾向を終えるためには次の方法のいくつかを試みなさい。

細部からの間隔

それは最初に堅いが、あなたがずっとあなたがそう密接に集中している細部からのあなた自身を楽にしなければならないmicromanagementを抑制する。 、すべてをすることができないあなた自身覚えなさい。 マネージャー、リーダーチーム・メンバーではなくである。 他に委託し、管理するあなたの技術はあなたのグループの人々がしている仕事のタイプで非常にベテランでも今あなたの主な焦点でなければならない。

信頼を確立しなさい

毎日あなたの従業員のそれぞれの点検し、自然な仕事の習慣か傾向を訂正することの習慣にあれば、それらを放っておくことを学ぶ必要がある。 このあまりをすれば、彼らは考えるその状態ですることをについて彼らの自然なビジネス本能を無視し始め、ちょうどかもしれない。 これは従業員の自身の問題解決の能力の開発の発育を妨げ、創造性にあなたのグループのまれな商品をする。 テッドが彼を実現したら前述の例を続けることは彼の方法の変更について、micromanager、彼素早く置いただった。 信頼を確立するためには、彼は各従業員がプロジェクトのための彼/彼女の進歩そして新しい提案で報告した週間設計会合に彼のスタッフの進歩の点検を限った。 これは個人が彼らの才能を展示し、開発し始めることを可能にした。 会合はまた職員間のそしてテッドとの健康な、競争の討論を励ました。

間違いは起こる

確かに、経験のあなたの年で、間違えた。 あなたのキャリアを損なうかわりに、間違いがあなたの最もよいレッスンのいくつかとして役立ったことはより本当らしい。 間違いは頻繁に成功より重大の非常に貴重な授業で使う道具である。 あなたの従業員がまた間違えることを許可しなければならない。 これはあなたのためにあなたの間違いと同じように彼らの未来の性能であなたの従業員に右および間違ったの彼らの自身の経験を与え、した完済する。

先端: 間違いは実際にリーダーに介入し、彼/彼女の仕事と戦うかもしれない個人を助けるチャンスを与えることができる。 micromanagerが制御するように絶えず訂正によって見られる一方、従業員が間違えるまで待っているマネージャーは助けるために介入しているコーチとして従業員がそれを必要とするときだけ見られる。

他に信任を与えなさい

1つの特徴はすべてのmicromanagersの分け前それらが仕事をよくしてもいいという確信より従業員できるである。 これは従業員の信任に対する破壊的な効果をもたらす。 信任を写し出すことは全体として個人およびチームの開発そして成功の非常に重要な一部分である。

テッドが彼の週間会合の彼のスタッフの知恵を目撃したら、彼は信任を造ることについてそれらを置き、事業体に規則的にほめることによって良い考えがあること影響を与え、事を言う決定の意見をように、「頼む。 それは私に決して起こらなかった。 ありがとう」。