成功したスピーチやプレゼンテーション:人前で話すの重要性を

人前で話すの重要性を

 指導者のスピーチを作る時は、しばしば呼ばれています。 あなたの成功の尺度として1つのリーダーと通信することができますどのような効果は、特定だけで、 1対1の状況では、大規模なグループだけでなくします。

英語:人前で話すのは、法の大規模なグループを口頭で効果的に対処する新しいアイデアやコミュニケーションをポイントして、観客です。

 人前で話すことで開催さいくつかの異なる設定を変更します。たとえば、頭をする場合は、製品の設計グループの主要な自動車メーカー、人前で話すのを使用する必要があるかもしれませんのいずれかのスキルは次のような状況:

  •  チーム全体としてアドレス指定して、自社の取り組みを再活性化やコミュニケーションの重要な新しい試みです。

  •  与え、同僚や上司のプレゼンテーションをして技術革新やアイディアを共有し、お客様のグループに生成されます。

  • 同氏は、業界コンベンションを運ぶのにバナー広告をして法人です。

  • スピーキングを投資家にします。

  • 見出しを提示する以外の人々の参考にして業界のセッションです。

 大規模なグループアドレスを意味するだけではありませんの講堂で話すのがします。 自分で話すのが見つけられるかもしれません。非公式の会議室やチームメンバーの机の周りに集まっています。

神経質になる場合に

これまで経験した場合に冷や汗を与えるときに吃音で演説をしたり、プレゼンテーション、あなただけではない。  練習を積んでいないことは国民共通の例のスピーカーを取得するには神経や不安発作時に直面して部屋(の大きさに関係なく)に完全に集中します。  最終更新のみに注意して神経を通常の最初の数分です。 一度あなたに意識している視聴者が応答してプレゼンテーションをして、お客様の焦点は実感しての主題ではなく、あなたです。

 は、次のヒントにも役立ちます人前で話すの不安感を介して例:

  •  お使いの素材です。
     試しにその状況を避けるために就学許可証を与えるなじみのない演説やプレゼンテーションを主題です。 あなたのものを知っている場合、あなたの数分を買ってあげるから過去の事実をそんなに神経質一度来て慎重に検討して支援します。

  • リラックスします。
    参加していない場合は、タイミングの議論は、提供する必要はありませんスピーチやプレゼンテーションでブレークして首の速度です。

  •  どう致しまして。
    彼らは恐らく気付かなかったし、何かに言及する場合、あなたは警告して、実際に緩和することをお詫び申し上げます未満です。

  •  もっと経験です。
    人前で話すのを練習しようとは、大小のフォーラム、できるだけ頻繁に可能です。 たとえば、鏡の前に練習かもしれないまたはお客様のご家族です。 または、いっそのこと、 〜することを定期的にイベントをスタッフに話をしています。 これにより、視聴者からの信頼を話す中に、おなじみの設定です。