問題解決方法

問題は個々または全身であるかどうか、悩みの中心の原因を定めたらそれは処置をとり、悪い状態を変えるのにあなたの問題解決の技術を使用する時間である。 、仕事場問題ある多数が変えられる覚えれば、そうすれば各自をそれぞれ評価し、取扱う必要がある。 例えば働くかもしれない何が動機を与えるために、1人の従業員は別のものに対する反対の効果をもたらすかもしれない。

ある選択は次を含んでいる:

  • 確実。 
    否定的な態度および話があなたのチームに浸透すれば、第1なぜ調べる。 それから態度の向きを変えるのを助けると少数の陽性が見つける問題を切り裂きなさい。 例えばグループがもう一人の単位か会社によって敗北から巻き取ったら、それを強調するあなたのチームの仕事についての陽性を少数の小変更との次の戦いに勝つことがある指摘しなさい。

  • 正直者。 
    うわさ話はあらゆる構成の巨大な問題である場合もあり意気込に対する巨大な効果をもたらす。 但し、うわさ話は通常リーダーシップが何かまであることに感じている従業員の徴候であり、従業員とまっすぐではない。 最もよい解決はあなたの直接レポートに進み、敏感な材料か作戦を漏らさないでできると正直であることである。 あなたの従業員にそれらとまっすぐであることを知らせなさい。

  • 一歩ずつ。 
    低下の生産性は頻繁にあなたのグループが進む方法またはそれらの目的に組織の目的をそしていかにの不確実仕事適合理解しないこと徴候である場合もある。 最初にハードワーク、創造性および確実性が気づかれ、構成に重大であることあなたのスタッフがわかっていることを確かめなさい。 それからより容易に達成されたステップに目的を壊すことを試みなさい。 これは従業員に仕事の満足度の感覚を与え、それらにそれらが働く必要があるペースを教えるのを助ける。

  • 洞窟を作ってはいけない。 
    従業員が権限に悲観的、よく答えない、彼らの気まぐれおよび要求に屈服してはいけない。 チームはそれらが現在その強さを認めるかどうかリーダーが強い常に必要とする。

  • 切口の損失。
    すべての問題が解答可能ではない。 問題となる従業員と絶えず戦ったらおよび彼または彼女があなたの最もよい努力に答え損えばそれは従業員が行くこと認めることを考慮する時間であるかもしれない。 リーダーは健康で、生産的な組織を維持するために群れ」を選り抜かなければならないこと時々「の偶発性のために準備されなければならない。
     

先端: 問題解決周期の1つの重要な面は詳しいノートを保つことである。 従業員が問題をことを作成するか、または解決することにかかわることあなたの従業員のそれぞれのためのファイルをし、ノートをいつも加えるかもしれない。 仕事の行動従業員をよくか悪い判断する必要がある場合その方法、に戻って参照する実績を有する。