Micromanagementの回避

Micromanagementの定義

リーダーとして、私達は頻繁にと仕事の完全な把握を私達のチームしてもらう唯一の人誤りのない私達自身について同様に考えるのを好み。 ある、しかし、あなたのチームがあなたのグループの個人へ明白な迷惑にして、あっている仕事に気づいていること間の微妙な一線。 その文の後半がよく知られている鳴れば、micromanagerであるかもしれない。

 

明白な英語: Micromanagementは過度にグループの個人を制御している。 これは頻繁に従業員の能力の信頼または信頼の欠乏から生じる。

テッドはウェブデザインの会社に10人の従業員の適当大きさで分類されたグループのマネージャーだった。 個々の貢献者として、テッドに革新的な設計の信じられないいページをひっくり返すことの実績があった。 テッドの従業員はまた才能豊かな網デザイナーだった。 但し、テッドは新しい設計を思い付くためにまれにそれらに自由な統治を与えなかった。 実際はグループのメンバー新しいプロジェクトが割り当てられたときに、テッドは頻繁にページがいかにそれが完了し、ときステップをそこに着くために取るべきどんな見るべきであるかそのグループのメンバーに言う。 それから、テッドは従業員とプロジェクトが彼の計画に従って進歩していたことを確かめるために絶えずチェックインする。 テッドのリーダーシップ・スタイルはmicromanagementとしてだけ記述できる。 彼の制御動作は複数の方法で彼のグループに否定的に影響を与えた:

  • テッドが彼の従業員全員を同じ方法扱っていたので、彼は絶えずあまりをめっきして自分自身でもらった。 彼の責任として個々のプロジェクトを見ることによって、彼は一貫して彼自身を圧倒した。 効果的に彼のグループを導き、管理するこの影響を受けたテッドの能力。

  • すべての決定、絶えず彼の従業員を訂正することのテッドの主張はグループの自然な創造性、技術および革新、のために雇われたまさに質の発育を妨げた。

  • テッドのmicromanagementは彼の職員を遠ざけた。 彼らは彼らの主任が彼らの能力を信じなかったように彼らしかbabied、彼ら感じた感じなかった。 これは従業員がテッドの彼らの否定的な印象を互いに共有し始めたと同時にテッドのグループの低い意気込を繁殖させた。

  • 従業員の仕事の点検を主張されたテッドが量の近くに方法のあらゆるステップ、仕事量完了した彼のグループどこもあったので他のグループは作り出していた。 上級管理はこれに気づき、テッドのリーダーシップの能力にひどく反映した。

テッドはmicromanagerだった。 彼のグループでされる仕事のひとつひとつの細部にたくさんの注意を払うことは彼の単位で実際にテッド、彼の従業員およびできていた仕事に対する悪影響をもたらした。

 

注意: Micromanagementは常に逆火する! Micromanagementはリーダーを細部本当の泥沼で動きが取れなくなって木については森林を見ない例去るトラップである。 リーダーはグループか構成でされる仕事の全面的な概観を保つ必要がある。

Macromanagerがある

終りのmicromanagementへのキーはあなたのグループで個人を信頼することを学び、それらに仕事に委託する方法を知っているかまたはmacromanagerであることにある 仕事に委託し始めればあなたの単位数か月の内に図表にすることのような高レベルのリーダーシップの仕事に、集中するより多くの時間がおよび年のためのコースをあることが分る。