問題を防ぐこと

リーダー準備されるいかに、壮大視野か仕事、問題を促すことが予期せず起こりがちでもいかに。 ビジネスが彼または彼女のために働く、リーダーは人々のビジネスに実際にある。 組織を構成するチーム頻繁におよび個人はその操作の揮発および最も危険な部分である。

 

注意: あなた自身の責任にしてはいけない! 悪いリーダーであることをちょうどあなたの計画がすべて連結器なしでは意味しない消えていないので。 、人々常にあり、揮発仕事材料が期待どおりに行わない覚えなさい。

確かに、厳密なインタビュープロセスを使用して問題を最小にすることができる。 チームをよく使用する個人の能力は彼/彼女の技術重要である。 インタビューはリーダーに潜在的な従業員の教育、技術および業務経歴を下検分するチャンスを与える。 人の技術的なノウーハウはある特定の組織の企業体質に合う候補者の機能同じように大切である。 これは誰かを雇う前に、リーダーが潜在的な従業員がまたは主として自己管理された位置ことをで快適協力者を、機能市民に扱う定めることを試みなければならなかったりことができるチームのメンバーとしてかどうかであることを意味する。

今日の株式会社の人気を得ている別の優先ステップは従業員に適切な仕事場の行動はであるもの知らせるようにセミナーを与えている。 セミナーは従業員がオフィスの差別的な冗談を言うことを控えることを内部取引についての警告の従業員からのそれらに尋ねることに構成の内の彼ら自身をいかにに行なうか関連しているすべてのトピックをカバーできる。 小規模の会社で働いても、あなたの従業員のためのセミナーを行なうことから寄与できる。 チーム・メンバーがいかに評価され、報酬を与えられるかあなたの使命記述書のようなトピックを含むかもしれなかったり行動を、期待された性能、受け入れ。

あなたの従業員に働くように頼むことちょうど声明を待機し、同じ条件の下で働くために準備されなさい。 例えば危ない装置のまわりで働くのであなたの従業員に不足分を身に着けないように頼んだら、不足分で仕事あなた自身のために現れてはいけない。 装置を直接使用しないことができるのに敵意を引き起こす二重基準を置くことができる。

 

先端: 期待されるものがそれらのあなたの従業員がに気づいていれば、その情報を含み、作業域のまわりでそれらを掛けるポスターの作成によってそのメッセージを補強する試み。 これは評価された仕事の行動の一定したメモである。