チームワークの促進

目的設定は個人が個人的な達成の高レベルを実現するのを助けることができる。 グループ内の有望なチームワークを等しい強調するべきである。 競争の健康なレベルはよく、従業員をよりよい仕事をするように努力させ続けることができる。 しかし競争が同じ方向を引込むために全体の失敗を構成するさまざまな個人として損傷になるにはできること余りにずっと取られる。

グループ内のチームワークを励まし、培うために、リーダーは次をするかもしれない:

  • 職員間の造りの信頼。  
    グループのメンバー間の意見の正直者そして開いた表現を励ましなさい。

  • チームに貢献する人々に報酬を与えなさい。  
    リーダーは個人の評価のチームワークの重要性のポイントを作るかもしれない。 従業員に知らせなさい単位のより大きいよいののために個人的な栄光を犠牲にする彼らの機能でことを個人的な達成でしか判断されない、また。

  • あなたの参照した場合「私達」および「私達」のような言葉を全体として共同作業使用しなさい。  
    これはそれらがあなたの単位の性能の重要部分だったという考えを補強する。

  • あなたのチームを精選しなさい。  
    何も実際にチームを精選することのようなチームワークを励まさない。 あなたが一緒によく働くことができ、可能性としてはそれらに割り当てる共同事業を考えるあなたのグループのメンバーを選びなさい。


注意: チームワークがあなたが置いた標準まで行っていない従業員に対処を妨害しないために注意してはいけない。 チーム環境はsubpar性能を確認し、訂正することを困難にすることができる。 チーム・メンバーが等しい負荷を引っ張っているかどうかわかっていなさいをありなさい。